スポ×イズム

#08 井浦 一希(ライフル射撃)

プロフィール

 国体での優勝経験を持つ家族の影響で、中学2年生からライフル射撃を始めた。
 高校時代は、JOCエリートアカデミーに入校。英才教育も相まって徐々に頭角を現していき、2017年の愛媛国体で2位に輝いてからというもの、国体では毎年入賞を果たしている。
 現在は、県のアスリート就職支援事業第1号として、鳥栖市の医療法人社団如水会今村病院で働きながら、SAGA2023国スポやパリ五輪を見据えた練習に打ち込んでいる。

ライフル射撃とは

 ライフル銃やピストルを用い、固定された的に弾を発射して点数を争う競技。
 競技種目は、銃の種類、撃つ姿勢、的までの距離などにより異なる。
 撃つ際の姿勢は、立射(りっしゃ:立った姿勢で銃を構える)、膝射(しっしゃ:片方の足を膝立て、膝の上に銃を置いて構える)、伏射(ふくしゃ:伏せて銃を構える)に分かれるほか、的までの距離も50m、25m、10mの3種類ある。