スポ×イズム

#07 ひらまつ病院陸上部(陸上競技 長距離・駅伝競走)

プロフィール

 小城市の医療法人ひらまつ病院で取り組まれているスポーツ活動のひとつ。平成22年に創部し、現在はスタッフを含めて24名が在籍している。
 選手たちは、普段は病院や介護施設でフルタイムで働いており、早朝や終業後の限られた時間で練習を行っている。他の実業団に比べて練習量は少ないが、練習の質の向上に努め、2018年には医療機関初となるニューイヤー駅伝(全日本実業団対抗駅伝)出場を成し遂げた。それ以来、3年連続でニューイヤー駅伝への切符を掴んでいる。

駅伝競走とは

 長距離コースをいくつかの区間に分け、数名の選手でタスキを繋いで走り、その所要時間を競う競技。日本発祥のスポーツである。
 総距離、区間数、区間距離は大会ごとに設定されるが、国際陸上競技連盟が定める国際レースの基準は、フルマラソンと同じ42.195kmを6区間で走る。