新着情報

第78回国民スポーツ大会・第23回全国障害者スポーツ大会の愛称・メッセージを決定しました

 令和5年(2023年)に佐賀県で開催を予定している「第78回国民スポーツ大会」「第23回全国障害者スポーツ大会」の愛称・メッセージを決定しました。

 

ロゴ.jpg

 

 (趣旨)

 スポーツにはさまざまな『チカラ』があります。人が生き生きと暮らすための大きな一つの要素であり、競技をするだけでなく支える人、観る人もいろんなことを学ぶことができ、一歩前に進む勇気をもらえます。

 国内では、2019年にラグビーワールドカップが開催され、2020年には東京オリンピック・パラリンピックが開催されるなど、国民にとってスポーツへの関心や期待がますます高まっています。また、このスポーツを通した地域社会の活性化や国際交流、経済の発展など、スポーツの社会的な価値はグローバルに広がっています。

 このような中で、「国民体育大会」の名称が「国民スポーツ大会」に変わり、2023年の佐賀大会が、スポーツ大会として初めての本大会になります。佐賀県は、名前が変わるだけではなく、大会をより良いものに変えていきたいと考えています。

 佐賀大会の開催に向けては『スポーツだからできること』にスポットを当てた、『新しい大会』を目指していきます。

 その最初の取組として、新しく生まれ変わるスポーツ大会に相応しいデザインをイメージし、愛称を『SAGA2023(さがにーまるにーさん)』、メインメッセージを『新しい大会へ。すべての人に、スポーツのチカラを。』とし、シンプルかつ率直に伝わるようなカタチにしました。

 なお、メッセージについては従来のスローガンのような活用方法にとらわれず、時機やターゲットに応じて変えていくことも考えています。

 佐賀県では、「SAGAスポーツピラミッド(SSP)構想」※を掲げ、トップアスリートの育成とともに、“する”、“育てる”、“観る”、“支える”といった、それぞれのスタイルで誰もがスポーツを楽しむ文化の裾野の拡大を図り、スポーツの力で世界に誇れる人づくり、地域づくりを目指しています。

 SAGA2023では、すべての人が自分のスタイルでスポーツを楽しみ、共感し合える喜びや感動など、スポーツのチカラを佐賀から発信していきます。

 

 ※ SSP構想とは

 佐賀から世界に挑戦する佐賀ゆかりのトップアスリートの育成を通じて、スポーツ文化(する、育てる、観る、支える)の裾野を拡大し、さらなるトップアスリートの育成につながる好循環を確立することで、スポーツの力を活かした人づくり、地域づくりを進めるプロジェクトです。このプロジェクトの長期目標としては、佐賀に根付く新しいスポーツ文化の確立を掲げています。

 

< Previous Article     To List     Next Article >